学校法人後藤学園 武蔵丘短期大学

健康栄養専攻

「食」と「健康」に関する知識や技術を身につけ、幅広い分野で活躍できる栄養士をめざします。

在学生インタビュー

Student's Voice

健康栄養専攻で過ごすキャンパスライフって?
専攻・コースを選んだ理由や授業の様子、資格や進路の話など、健康栄養専攻の気になるアレコレを先輩たちに聞きました。

遠藤 滉斗さん
埼玉県立秩父農工科学高等学校 出身
食育コース

管理栄養士になるため、すべての授業を全力で!

料理人になろうと進んだ調理系の高校で、栄養の奥深さと栄養士という職業に出会い、管理栄養士という新たな夢をめざすようになりました。栄養士養成校であり、卒業と同時に栄養士免許が取得できるムサタンへと進学し、本格的な知識を実践的に学ぶ日々を過ごしています。栄養専攻は男子の数が少ないので、入学前は不安な気持ちもありましたが、みんなとても仲が良く、先生も話しやすいので楽しく学べています。管理栄養士という将来に近づくため、今は栄養士免許取得に必要な授業を真剣に取り組んでいます。

山田 愛さん
埼玉県私立聖望学園高等学校 出身
スポーツ栄養コース

運動を通し、心と体をささえられる人に。

陸上を競技する中で栄養の重要さに気づいた私は、スポーツも栄養も学べるムサタンの栄養専攻を選びました。フィットネスクラブの指導者になることが今の目標。GFI、栄養士、健康運動実践指導者の資格取得をめざし、栄養の知識を学ぶと共に、グループエクササイズの授業で体の動かし方や指導方法を身につけられるよう努力しています。また、スポーツの楽しさも伝えられるよう、自分も楽しみながら体を動かすことを日々心がけています。栄養専攻は、私のようにスポーツも栄養も両方学びたい、という人にオススメだと思いますよ。

作古 なつみさん
茨城県私立常総学院高等学校 出身
病院・福祉コース

食の楽しさや大切さを伝えていきたい。

病院や福祉施設で、食べる喜びをサポートできる栄養士になること。それが私の目標です。そしていつか、栄養を考え抜いたメニューを提供するお店を開き、身近な人たちに食の楽しさや大切さを伝えていきたいと考えています。今は、そのベースを築く大事な時期。最初は2年で本当に大丈夫なのかと不安に思うこともありましたが、入学してみると、専門的な知識や技術をしっかり身につけられるカリキュラムが組まれており、先生も熱心に教えてくださるのでとても心強いですね。

栁澤 秋介さん
長野県小諸商業高等学校 出身
フードマネジメントコース

ここに来てますます、食に興味を持つように。

知識だけでなく、実践的な授業や実習を通して確かな技術を身につけられるところがムサタンの良いところです。これまでにいろいろな実習を経験しましたが、一番印象に残っているのは調理実習の授業です。8人ずつで1グループになって魚の煮付けや炒飯、天丼などの料理に挑戦しましたが、毎回楽しく取り組めました。ムサタンに来て、もともと興味のあった食をますます好きになりましたし、卒業後は栄養士の資格を活かせる仕事に就けるよう就職活動を一生懸命頑張りたいです。

浦谷 千緩さん
埼玉県私立山村国際高等学校 出身
健康ビューティーコース

学びながら、将来を明確にできる場所です。

栄養といっても、その領域はとても幅広いです。その点、興味のある分野を選んで学べるムサタンは、私にとって魅力的な学校でした。健康を食という面から考えることや、サプリメントや化粧品など美容に繋がる知識に興味があった私は、健康ビューティーコースを選びました。現在は、在学中のサプリメントアドバイザーの資格取得をめざして頑張っているところ。卒業後は管理栄養士の資格を取り、人を心から笑顔にできるような栄養士になるという夢を叶えたいと思っています。

学校案内デジタルパンフレットはこちら 武蔵丘短期大学学生募集要項2022 募集要項デジタルパンフレットはこちら