武蔵丘短期大学

入学のご案内

OBOGインタビュー

医療法人 愛広会 豊浦病院 豊浦愛広苑

渡邉 愛美 さん

WATANABE MANAMI

2011年卒

渡邉 愛美 さん
健康生活学科健康栄養専攻 2011年卒業 新潟県私立新潟青陵高等学校出身
アルビレックスチアリーダーズ
医療法人 愛広会
豊浦病院 豊浦愛広苑 勤務

仲間で過ごした2年間は私の宝物です。

進学先はカリキュラムからしっかり選ぶ

昔から食べることが大好き!とくに味はもちろん、栄養バランスもしっかり考えられた学校給食の体験が大きく、おいしいものをたくさんの人に食べてもらえる仕事に就きたいと考え、栄養学科のある武蔵野短期大学へと進学しました。進学先を決めるにあたっては主にインターネットで情報収集。カリキュラムや授業内容を細かくチェックし、自分に合っているかどうかをじっくり考えました。そのおかげもあってか、ムサタンは私にぴったりの学校でしたね。緊張する間もなく、入学後すぐに馴染んでいました(笑)。なかでもエアロビックス部「マリリンズ」での活動は、キャンパスライフを充実させてくれると同時に、私自身の成長にもつながったと思っています。素敵な仲間と過ごした時間は、今でも大切な宝物です。

「次を考える」反省が成長の糧になる

現在は病院の給食室で、みなさまの大切な食事のために腕を振るう毎日です。給食の場合は、提供する時間が決められているため、味や栄養、見た目だけでなく、“スピーディーな調理”が求められます。最初のうちは時間内に仕上げることができず、悔しい思いをしたことも。しかし「何がいけなかったか」を突き詰めて考えれば、「次はどうすればいいのか」は自然に見えてくる。事前に頭の中で段取りを組み、それから調理に向かうようにしてからは、きっちり時間通りに仕上げられるようになりました。集団調理の現場はとにかくコミュニケーションが重要。入社4年目となり、後輩もできた今、自分から積極的に声をかけ、みんなが働きやすい職場をつくっていくことも、私の仕事なのだと感じています。私にとってそうだったように、調理場のみんなで作った給食が、誰かの心に残ってもらえたなら、もう最高ですね。

  • th_DSC_8216-500x332
  • th_DSC_8221-332x500
  • th_DSC_8226-500x332
  • th_C37T6922-500x333
  • th_C37T6488-333x500
  • th_C37T6344-500x333
  • th_C37T6185-333x500
  • th_C37T6018-500x333
  • th_C37T5997-338x500
  • th_DSC_8785-500x332
一覧に戻る

上矢印